七味唐辛子

しちみとうがらし

LESSON41「海鮮寄せ鍋」

七味唐辛子とは、7品目を調合した風味調味料。
唐辛子、山椒、麻の実、胡麻を基本として他にも、けしの実、陳皮、青のり、生姜、紫蘇などを調合するが作り手によって内容は異なり、好み合わせた調合をしてくれる店もある。
江戸時代初期に江戸の両国薬研堀で開発・販売が始まり、元々は漢方としての役割もあったと言われている。このことから七味唐辛子は別名「薬研堀(やげんぼり)」とも言われている。
京都には鞍馬が山椒の産地であることから山椒の風味を生かした「京七味」、材料を乾煎りして独特の色と風味を出した「黒七味」などがあり、お土産品としても重宝されている。

​▼ この用語が登場する回のレッスン動画

​(有料レッスンはダイジェスト動画になります。)