千利休

せんのりきゅう

LESSON32「生け花と店内のしつらえ」

戦国時代に活躍した茶人。 織田信長、豊臣秀吉に仕えて、茶の湯を大成させた人物である。1951年(天正19年)に豊臣秀吉に切腹を命じられ70歳で生涯を終えた。千利休の茶の湯は子孫により茶道の三千家、表千家・裏千家・武者小路千家として現在も流派が受け継がれている。

​▼ この用語が登場する回のレッスン動画

​(有料レッスンはダイジェスト動画になります。)