御造り

おつくり

LESSON8「立板①」

刺身が江戸から関西に伝わった際に刺すという言葉も縁起が悪いとされて「御造り」という言葉が生まれた。
特に内陸にある京の都に魚を運ぶ際腐敗防止のために塩漬け、醤油漬けにして運んだり食べる際に昆布締めや湯引きして食べたことから、ひと手間加えるということで、「造る」という言葉になった。

​▼ この用語が登場する回のレッスン動画

​(有料レッスンはダイジェスト動画になります。)