カンピロバクター

かんぴろばくたー

LESSON23「鴨肉 鶏肉の扱い方」

食中毒を起こす病原菌で牛や豚、鶏など動物の消化管内に生息する。十分な加熱調理によって食中毒を防げるが少数の菌によって発症することもカンピロバクターの特徴である。
菌を摂取すると2日から7日の潜伏期間で発症し、発熱・下痢・腹痛・倦怠感・頭痛・めまい・筋肉痛など風邪に似た症状を発症する。特に子どもや高齢者、病気などで免疫機能が低下している人が発症しやすいので注意する必要がある

​▼ この用語が登場する回のレッスン動画

​(有料レッスンはダイジェスト動画になります。)