陰陽五行説

いんようごぎょうせつ

LESSON10「八寸場」

中国の春秋戦国時代に別々に生まれた陰陽説と五行説が合わさった思想のこと。
広い宇宙も含めこの世に存在するものは全て2つの陰と陽、5つの水 金 土 火 木に分けられるという考え方。
数字では偶数が陰、奇数が陽とされている。
日本では陽である奇数が好まれたことから、日本料理においては盛り合わせる品数を奇数にするという文化が定着した。

​▼ この用語が登場する回のレッスン動画

​(有料レッスンはダイジェスト動画になります。)