本焼き包丁

ほんやきぼうちょう

無料LESSON「包丁研ぎ」

鋼のみで作られた和包丁。
製造過程で日本刀の焼き入れに似た工程を経ていることから本焼きという名前がついたとされている。
霞包丁のように素材を合わせていないので長年使っても刃先がくるいにくく、細かな刃こぼれがしにくく、包丁を研いだら切れ味が劣化しにくい。
反面、大きな衝撃に弱く無理に使うと大きく欠けたり、最悪の場合、真っ二つに折れることがある。
また、製造工程に手間がかかるので価格が霞包丁の倍以上る。

​▼ この用語が登場する回のレッスン動画

​(有料レッスンはダイジェスト動画になります。)